モトヤマ ごあいさつ 

トップページ>モトヤマ ごあいさつ

ごあいさつMotoyama Greetings

モトヤマは社会インフラを守る、独創技術(特許)で貢献


モトヤマは1991年の創業以来、電力施設の外柵工事はじめ各種の土木工事を通じて社会への貢献を社是として活動してまいりました。そういう中で円形有刺鉄線の事業はわが社の総力をかけたものでした。どうすれば、顧客の構想する商品を作ることが出来るか、我々の知恵と情熱を総動員して完成させたものです。その後も開発の精神を絶やすことなく、独創的な技術を開発しております。

我々の技術が、皆様の身の周り、空港、工場、発電所、電信電話等の社会基盤の安全の確保を通して、オフィス、店舗、から街まで、人にとって安心なくらし作りに貢献し、より良い世界を作る、

 

「A Safety Life A Better World」を追求してまいりたいと思います。

 

 

代表取締役  元山 喜靖

 


 

企業理念Motoyama Corporate Philosophy

「暮らしを守る」

私たちは創業以来、多くのみなさまのくらしと、社会インフラを守ることを使命として企業活動を展開してまいりました。
時代の流れと共に、国家関係の変化、人々のライフスタイルの多様化や社会インフラも多様化してまいりました、当社の経営の根底にある、普遍的な価値観を表した「暮らしを守る」という企業理念は、これからも変わることの無いビジョンです。


 

経営方針Management policy

「限りない自社製品の向上」 

= モトヤマ製品は世界に信頼され続ける製品の提供

= 世界で信頼されるブランドに

モトヤマは、特許に裏打ちされた技術で、他社の追随を許さない製品を提供し、社会インフラを守り続けています。

 製品の品質・性能面ばかりではなく、サービス体制の充実や、あらゆる関係者との交流など、「コーポレートブランドの向上」を念頭においた企業活動を心掛けてまいります。


 

経営姿勢Motoyama Business attitude

1.お客様志向
お客様、お取引先の満足のためには努力を惜しまない。

2.品質重視
品質の積み重ねが信頼であることを認識する。

3.情報開示
お客様、お取引先、従業員など、企業活動におけるすべての関係者に対し、迅速で適切な情報開示を図る。

4.社会への貢献と環境への配慮
社会の一員として、積極的な社会貢献を行う。
地球環境との調和を目指す。


 

行動規範Motoyama Code of Conduct

 私たちモトヤマ 従業員は、以下の8つの原則に基づき、国の内外を問わず人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもってより良い社会の創造に向けて自主的に行動します。

 

1.人権の尊重
私たちは、人権の大切さを理解、尊重し、人種、信条、宗教、性別、社会的身分、身体的・精神的障害などを理由とする差別や、不当な扱いを決して行いません。

2.法令の遵守
私たちは、国内外の法令や社内規定の遵守はもとより、社会規範を尊重し、良識ある企業活動を行います。

3.公正・自由な競争と健全、透明な関係
私たちは、公正・自由な競争を行い、健全な市場の発展に貢献します。また、お取引先や業界、政治、行政に対しても健全かつ透明な関係を保ちます。

4.情報の開示
私たちは、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。

5.働きやすい環境
私たちは、従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全・衛生的で働きやすい職場環境作りを行い、ゆとりと豊かさを実現するために日々努力し続けます。

6.社会への貢献
私たちは、商品を通じて社会の発展に寄与するとともに、社会の一員として幅広い地域・分野を対象に社会貢献活動を行います。

7.環境問題への取り組み
私たちは、私たち人類にとって地球環境はかけがえのないものであり、その環境問題への取り組みは、企業の存在と活動に必須の条件であることを認識し、自主的、積極的に取り組みます。

8.反社会的勢力への姿勢
私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、断固とした姿勢でのぞみ、それらを助長するような行動はいたしません。


 

㈲モトヤマ